5/24 交通安全教室

今日の総合で、1年生が交通安全教室を行い、自転車の乗り方について学びました。

自転車のシュミレーターを使って、自転車の正しい乗り方や、自転車を運転しているときに潜んでいる危険な場面の説明を聞きました。

前方に停まっていた車のドアが突然開く。

車の陰から歩行者が出てくる。

無灯火の自転車が走ってきてすれ違う。

私たちの日常は、実は危険と隣り合わせなのだと実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便利な乗り物ですが、自転車は加害者になる可能性が大いにあります。

中学生や高校生が起こした自転車事故で、歩行者が亡くなってしまった例もあります。

自転車は車両の1つであることを自覚し、責任をもって、安全に利用しましょう。