1/14 尾張万歳鑑賞

5限目に2年生は、国指定の重要無形民俗文化財になっている「尾張万歳」を鑑賞しました。

尾張万歳は、名古屋市にある長母寺で臨済宗を開いた無住国師が鎌倉時代につくったものが起源とされています。その寺の土地が知多市にもあったようで、そこから伝わっていったそうです。

今回は、家を訪問して万歳を行う「門付万歳」と、柱を立てたら、七福神がやってきたという「御殿万歳」の2つを実演していただきました。

万歳が行われている間にもスクリーンで万歳の解説を行い、より分かりやすく鑑賞することができました。