9/16 後期生徒会役員選挙

6時間目に、後期生徒会役員立候補者による立会演説会と、全校生徒による選挙を行いました。演説会は、新型コロナウイルス感染対策のため、演説会場と各教室をオンラインで行いました。

その後の投票は、各学年フロアの廊下を使って行いました。密になることを避けるため、廊下で一方通行のルートを設定したり間隔をあけて並んだりと工夫して行いました。

教室で演説を聴いた生徒に感想を尋ねると、「やっぱり放送で声を聴くだけよりも、立候補者の顔や話す様子を見ながら聴けるのがいいですね」とのこと。きっと、真剣に演説を聴いて、「清き一票」を入れたことでしょう。

生徒同士がお互いに高めあう自治活動が展開されることを願っています。

9/13 2学期学校巡回

知多市の教育委員会の方に、東部中学校の教育活動をご覧いただきました。4時間目に全ての授業をご覧いただいたあと、生徒の様子や教師の授業展開などについて、指導・助言をいただきました。新型コロナウイルスへの感染対策や、タブレット端末の活用方法をはじめ、さまざまなお話がありました。

今日の機会をきっかけとして、よりよい教育活動を展開し、よりよい学校を目指していきたいと思います。

9/10 入試の面接から学ぶ

3年生では、延期になった秋華祭の準備をする予定だった時間を使って、入試の面接向けた準備が始まりました。この日は、冊子や動画を使って、面接の意義や今後の流れなどの確認をしました。動画を観る3年生の表情も、真剣そのものです。

面接では、「自分」について語ることになるでしょう。面接の準備を進めることが、自分を見つめ直すきっかけとなるはずです。延期になった秋華祭が、より自分を見つめ直し、さまざまな力を高める機会になることを願っています。

9/6 学習用情報機器の持ち帰り

先日、文書にて連絡しましたように、ICT教育の充実に向けてタブレット端末の持ち帰りを進めています。今日は、持ち帰ったiPadを家庭のネットワーク環境に接続し、教育支援ソフトを使用することができるかを試すことになっています。

5時間目には、担任と「タブレット等持ち帰りのルール」や「Q&A」等を確認した上で、操作の手順を確認しました。

中には、教師の説明を待たずとも、スムーズに作業を進めていく生徒もいます。ICT機器を使っていると、子どもの好奇心と学習スピードに感心させられる場面が何度もあります。半面、情報モラルや情報リテラシーについて、まだまだ大人の目が必要だと感じることもあります。

東部中生がタブレット端末を有効に使えるよう、ご家庭と学校で協力していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

9/1 2学期始業式、地震避難訓練

 2学期始業式が行われました。全校生徒が一堂に会して、体育館で行う予定でしたが、感染対策のため放送にて行いました。校長先生からは、1学期終業式で挙げられた「自律」や、2学期の学校行事について話がありました。その後の全校集会では、夏休み中に開催された郡大会等の表彰や、生徒会選挙、秋華祭などの連絡がありました。

 9月1日は「防災の日」ということで、抜き打ちの地震避難訓練(シェイクアウト訓練)も行われました。生徒には「今週のどこかで実施する」としか伝えていませんでしたが、素早くシェイクアウトの動作(じっとする、頭をまもる、動かない)ができました。

 新型コロナウイルスも「難」を「避」けたい「災(わざわい)」と言えるのではないでしょうか。東部中生徒、家庭、学校とで協力して感染対策をしながら、充実した2学期にしていきたいものです。