12/23 2学期終業式・学活

2学期の終業式を行いました。内容は、校長先生、生徒指導主事、2年生代表生徒、生徒会長の話、表彰伝達などです。

校長先生からは、今年、さまざまな場面で意識してきた「そうぞう力」についてお話がありました。2年ぶりに開催された秋華祭の成果をはじめ、多くの場面で成果が感じられたとともに、大きな事件や事故がなく過ごすことができた、充実した2学期だったことを再確認できました。詳しい内容については、ぜひお子様からお聞きになってください。

2年生の代表生徒からは、秋華祭・体育の部で披露された3年生の応援合戦で味わった感動と、先輩から渡されたバトンについての話がありました。「立派な3年生になるために、しっかりと準備をしていきたいです」という締めくくりが印象に残る発表でした。

教室に戻ってからは、学級ごとの締めくくりの中で、通知表が配られました。ガッツポーズが見られたり、悲鳴が聞こえたりと反応はさまざまでしたが、今後の学習につながる見方をしてもらいたものです。
3年生の教室では、食い入るように新聞記事を読む生徒がいました。内容は、県内の公立高校の志願者倍率が一覧になったものでした。

次につながるよい締めくくりとなったのではないでしょうか。
1月7日の始業式、気持ち新たに登校してくる東部中生に会えることを願っています。

12/23 年末の大掃除

学期末、そして年末の大掃除を全校で行いました。1年間使わせてもらった施設・設備の、ふだんはできないところまできれいにしました。感謝の気持ちが高まっているのか、3年生の丁寧に取り組む姿が印象的で、気持ちもすっきりしました。きっとよい締めくくりができたことでしょう。

12/22 2学期末学年集会

5・6時間目に、各学年が集会を開き、今学期を振り返りました。

生活・学習・行事とさまざまな場面での、自分の姿、仲間の姿について考える時間となりました。
そして、今後について考える時間もありました。共通していた話題は「進路」です。1年生は1年生の、2年生は2年生の、3年生は3年生の、それぞれの現在地に応じた、具体的な内容でした。

どの学年も、集団として話す人の顔を見ながら集中して聴いている姿が印象的な集会でした。冬休みの過ごし方、その後の3学期の過ごし方につながるきっかけになることを願ます。

12/17 調理実習

5,6時間目に特別支援学級の生徒が調理実習を行いました。新型コロナウイルス感染症対策を徹底した上での実施でした。

作ったのは「大学芋」と「スイートポテト」です。生徒同士が協力して作ることができました。
容器に入れられた完成品を見ると、メッセージカードが付いていました。生徒がデザインして作ったとのことで、お世話になっている人に届けるとのこと。

時間をいっぱい使って完成させることができ、生徒はほっとしていました。

12/14,17 大正琴 1年生音楽

1年生の音楽の授業で大正琴の授業を行いました。
このコロナ禍で、リコーダーの授業の難しさを実感しているところに、大正琴を若い世代に普及させたいという講師の方のお話を受け、実現したものです。

4名の講師による講習会として行った授業は、 楽器の説明から、奏法説明、練習、最後はアンサンブルまでを目指す内容でした。 大正琴は、左手でピアノの鍵盤のような音階ボタンを押さえ、右手でギターのようにピックで弦を弾いて音を出します。生徒たちは、初めて触れるその楽器に苦戦しながらも、自分が出す音色を楽しんでいました。

最後には、講師の方が「サンタが町にやってくる(「Santa Claus Is Coming to Town 」を演奏してくださいました。和楽器で奏でられるクリスマスソングに、生徒は聴き入っていました。

そして、なんと40台の大正琴を東部中学校に寄付してくださることになっています。このありがたいお話を受けて、音楽科の担当教師もさっそく授業の構想を練っているところです。どんな演奏が聴けるのか、とても楽しみです。

12/10 2年生短歌&保護者会

2年生の廊下に短歌が掲示されています。1学期に続き、2回目です。
今回は、国語の単元「人間のきずな」の学習を終えて、ふだんは口にしないような「家族への思い」を詠んだ作品です。

生徒の思いがストレートに伝わってくる歌もあれば、本人をよく知る家族の方だからこそ真意が伝わる歌もありました。放課中には、食い入るように掲示を見上げる生徒たち。多感な時期だからこそ、同学年の仲間がどんな思いで詠んだのか、気になるのでしょう。懇談会を待つ多くの保護者の方にも、読んでいただきました。

家族や親戚が集まる機会が多い年末年始まで、あと半月余り。
短歌で詠んだように、家族への思いが高まる機会になるといいですね。

12/7 卒業生の歌

例年、東部中の卒業生は、卒業式で「旅立ちの日に」を歌ってきましたが、今年の卒業生は歌う曲を自分たちで選ぶ形をとりました。それには理由があります。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本校でも2年連続で合唱コンクールが中止となりました。今の3年生も、2年分の「自分たちで歌をつくり上げる」経験ができていません。そればかりか、今後の感染状況によっては、今年の卒業式で歌を歌える保障もありません。歌えたとしても声量を抑えなければならないかもしれません。 そんな中でも、3年生が少しでも思いを込めて歌いやすいよう、生徒が自分たちで選ぶことにしたのです。

生徒に募集をかけたところ、5曲もの提案がありました。職員からの提案も含めた候補曲から選ばれたのは、生徒から提案された「変わらないもの」。

令和3年度の卒業式は3月3日。
その日がどんな状況になっていても「変わらないもの」が、感じられる歌になることを楽しみにしています。

12/1~4 1年生 食の指導

講師に栄養教諭の方をお招きし、4日間連続で1クラスずつ1年生の食の指導を行いました。毎朝の朝食について振り返り、栄養バランスのとれた朝食を摂ることがいかに大切かを学びました。

初めに、班に分かれ、料理の絵が描いてあるカードを使って、朝食によく食べるものを確認し合いました。次に、自分の朝食についてiPadに入力し、自動計算された栄養量を知ることができました。そして、もし偏った栄養バランスだった場合、他にどの食品を組み合わせればバランスが整うかを教えていただきました。

給食の時間には、栄養教諭の方に給食の配膳の様子を見ていただきました。学校の給食は、生徒の皆さんの健康を考慮して、栄養のバランスが考えられています。苦手な食べ物でも、残さず食べることができるようになるとよいですね。

12/3,4 1,2年生 ポット移植

1,2年生が、卒業式や入学式で並べる花の苗の移植作業をしました。パンジーやビオラの苗の成長に合わせ、より大きなポットに移して株を大きくするためです。卒業生の後を引き継ぐ後輩として、また、新入生を引っ張る先輩として、1,2年生全員が1人1鉢の作業を行いました。

作業中は、「根がびっしりで窮屈そう」「土がかぶってしまってかわいそうなことをした…」「大きな花を咲かせますように!」など、たくさんの声が上がっていました。慣れない生徒や初めての生徒でも、楽しそうに活動する姿が印象的でした。
中には、土や虫が苦手な生徒で初めは敬遠する生徒もいましたが、こういった機会が花や緑に親しむきっかけになってほしいものです。

更には、節目となる儀式的行事での気持ちが高まることによって、よりよい学校生活につながることを期待しています。

12/2 1年生制服着こなしセミナー

6時間目、 体育館で1年生を対象とした「制服着こなしセミナー」を行いました。講師には、名古屋菅公学生服株式会社の方をお招きしました。

お話の内容は、「制服を着る理由」と「制服の効果と役割」でした。「レストランで出されるいちご」や「老婆と婦人のだまし絵」など、分かりやすい例を挙げてくださることで、「なるほど~」「たしかに!」といった声が生徒から聞かれました。その後、着こなしチェックも行いました。

「集団生活を学ぶため」「TPO」「第一印象」「友人や学校の印象も背負っている」など、大切にしてほしいキーワードをたくさんいただいた、内容の充実したセミナーとなりました。
このセミナーをきっかけとして、1年生がよりよい集団となることを願っています。