6/10 大根の栽培(2年技術)

生徒が登校してくる8時過ぎのこと。昇降口前に2年生が何人もしゃがみ込んでいました。近づいてみると、生徒の手にはペットボトルのような物を持っています。技術の授業で栽培している二十日大根に水をあげていたのです。

よく見てみると、出ている芽の数が生徒によってバラバラ。「何でこんなに数が違うんだ?」とつぶやくと、「大きく育てたいか、たくさん育てたいかで、自分で撒く種の数を決めるんですよ」と教えてくれました。

種から始めたこともあってか、順調に育っていることが嬉しい様子でした。
大根も、東部中生も、しっかり育ちますように!