7/20 1学期終業式

今日が1学期の最終日。大掃除、終業式、全校集会、学活を行い、1学期の締めくくりをしました。

終業式の校長先生の話では、郡大会の本部の部長に東部中生が褒められたという紹介がありました。「東部中の生徒の荷物がきれいに整頓されていて感心した」とのことです。部活動激励会で校長先生から「マナーで優勝」という言葉がありましたが、見事に体現されて嬉しく思います。また、2つの「じりつ」についての話もありました。社会で「自立」できるよう「自律」が必要であり、夏休みにそれを意識することで2学期の飛躍を期待しているという内容でした。
生徒指導主事の富樫先生からは、夏休みの生活で「想像力」を働かせようという話がありました。これもまた「じりつ」に通じる内容でした。
そのほか、代表生徒による1学期の振り返りや、各種表彰、県大会出場者の紹介などもありました。

その後の学活では、通知表が配られました。新しい学習指導要領に基づき、3観点となって初めての通知表です。1年生にとっては、中学生になって初めてでもあります。受け取ってさまざまな反応を見せる生徒たち。何人かに声をかけると「思ったよりよかったです」「悔しいです」といった感想が聞かれました。中には「家に帰ってから分析します」と意気込む生徒もいました。これこそ、通知表のよい見方ですね。通知表で今の状態を確認し、今後につなげてほしいものです。

明日からは42日間の夏休み。
コロナ対策も含め安全に過ごし、一回り成長した元気な皆さんと再開できることを楽しみにしています。