12/3,4 1,2年生 ポット移植

1,2年生が、卒業式や入学式で並べる花の苗の移植作業をしました。パンジーやビオラの苗の成長に合わせ、より大きなポットに移して株を大きくするためです。卒業生の後を引き継ぐ後輩として、また、新入生を引っ張る先輩として、1,2年生全員が1人1鉢の作業を行いました。

作業中は、「根がびっしりで窮屈そう」「土がかぶってしまってかわいそうなことをした…」「大きな花を咲かせますように!」など、たくさんの声が上がっていました。慣れない生徒や初めての生徒でも、楽しそうに活動する姿が印象的でした。
中には、土や虫が苦手な生徒で初めは敬遠する生徒もいましたが、こういった機会が花や緑に親しむきっかけになってほしいものです。

更には、節目となる儀式的行事での気持ちが高まることによって、よりよい学校生活につながることを期待しています。