校長あいさつ

 私が通っている病院の先生に、新型コロナウイルス感染拡大の第2波について聞いてみました。私は、世の中が自粛ムードになれば、第2波は収まると思っていました。ところが、病院の先生は次のようにおっしゃいました。「感染はまだまだ拡大します。それは、PCR検査が追いついていないからです。今は、PCR検査で陽性となった人の濃厚接触者を特定し、そのPCR検査を行って陽性者を特定しています。しかし、濃厚接触者のPCR検査を順番待ちしているのが現状で、判定される前に感染が拡大してしまうのです。だから、しばらくは感染拡大が収まらないと考えます。」感染者に症状が出なければ、感染は知らないうちに拡大を続けます。ニュース等で「感染が判明した人数」が報道されていますが、これは「感染者のうち、感染していることが明らかになった人数」なので、実際の感染者はもっと多くいると推定されます。どこで感染者と接触しているかも分かりません。だから、元気で普通に過ごしている人も、もっと言えば、今、学校にいる皆さんや先生たちも感染しているかもしれないのです。  そこで、お願いがあります。もしかしたら、私たちの何人かは感染者なのかもしれませんので、飛沫を飛ばさないように、人前ではマスクをしてください。どこにウイルスがいるのか分かりませんし、先生たちの消毒だけでは追いつきません。こまめに手洗い・うがいをして、自分の身を守ってください。今後、コロナウイルス感染の陽性判定を受ける人が出てくるかもしれません。感染した人は、かかりたくてかかったわけではなく、一番の被害者であり、一番つらい立場の人なのです。そんなときには、絶対にその人を責めたり、いじめたり、嫌な噂を流したりすることはしないようにしてください。このことだけは約束してほしいことです。安心できる、優しさあふれる東部中学校で、みなさんには充実した2学期を過ごしてほしいです。

令和2年8月21日

知多市立東部中学校長 山下 和仁